空間を超えて欲しいところに欲しい電力を!
CONCEPT

空間を超えて
しいところに
しい電力

ワイヤレス社会

マイクロ波無線送電

私たちの日常のルーティン(足かせ)となったエッジデバイスへのケーブル充電。

「ケーブルに接続する」という行為から人々を解き放つ技術、それが「マイクロ波無線送電」。

地球上に張り巡らされたケーブルを取り除き真のワイヤレス社会を実現。

「電力革命」ここから始まる。 

Vision

2010年代に入り、PC、スマートフォン、ウェアラブル、IoTセンサなどモバイル機器・エッジデバイスが多様化しています。IoTセンサなどに代表されるようにエッジデバイスは小型化の一途をたどるに連れその数は指数関数的に増大していきます。これらが情報通信、画像・音声出力を行う際には電力消費が伴い、エッジデバイスを継続的に利用するためには継続的な電力供給が必須となります。しかし、エッジデバイスが多様化する一方これらの内蔵バッテリーへの電力供給手段は限られており、そのほとんどが電気配線や充電ケーブルにより「有線」で給電を行っています。
近年「Qi規格」に代表される充電パッドを用いた充電がスマートフォン等で注目されていますが、充電中ユーザーはデバイスをパッドに接触させることを強いられ真のワイヤレス給電とは呼び難い、というのが現状です。このような限定された電力アクセスは我々IT社会に生きる人々の経済活動を気づかぬうちに制限しています。

Space Power Technologies(SPT)は人々をこのような不自由から解放し真のワイヤレス社会を実現することをミッションとし、電力供給に革命を起こします。この電力革命を達成するための先端テクノロジーこそがマイクロ波無線送電です。マイクロ波無線送電は場所を選ばないので、電力配線のない過疎地、被災地、宇宙空間など使用シーンは幅広く、既存のモバイル機器・エッジデバイスのユースケースの概念を打ち破る破壊的イノベーションです。我々SPT社はより自由度の高い電波を媒体とした無線電力供給を行う手段をお客様に提供します。

Why Our Team?

Why Our Team?

我々は各方面で無線技術を探求してきたスペシャリストの集団です。CEO古川は無線通信機器メーカの新規事業でワイヤレス給電にいち早く取り組み、その後国内のWPT規格化に携わるなど、WPTのフロンティアを開拓してきました。通信事業者でモバイル通信事業に古くから携わり移動体通信を熟知したもの、京都大学でWPTを研究する国内屈指の研究室で修士号を取得したもの、など無線技術をあらゆる方面から知悉した唯一無二のチームです。

Why Now?

Why Now?

なぜ今WPT事業に取り組むのか?これに対するアンサーは2つです。1つ目は先ほども述べたように通信機器の多様化に伴う電子デバイスの設置シーンの増加です。WPTは電子デバイスの設置場所を選ばないので、IoT化の流れを加速させるのになくてはならない要素です。2つ目は近年のWPT法制化の流れです。総務省の検討委員会が2019年2月よりスタートしました。2020年に第一フェーズである「工場・倉庫内でのWPTの実用化」に関する制度化が実施される見込みです。
我々は2020年制度化完了直後に製品をリリースできるようパートナー各社とプロジェクトを進めています。
2020年は、空間伝送型WPTが世界に先駆けて日本で実用化され30年後のSPS構想に繋がる点で、WPT元年というべき節目であり、我々がSpace Power Technologiesというスタートアップを「今」設立する意義はここにあります。

NewsRelease

2019年9月4日

追加資金調達を実施いたしました。
2019年9月3日、株式会社Space Power Technologies(本社:京都府京都市西京区、代表取締役:古川 実) は、株式会社Darma Tech Labs(本社:京都市下京区、代表取締役:牧野 成将)を無限責任組合員とするMBC Shisaku1号投資事業有限責任組合、京銀リース・キャピタル株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役:奥野 浩)を無限責任組合員とする京銀輝く未来応援ファンド2号投資事業有限責任組合、京都中央信用金庫(本社:京都市下京区、理事長:白波瀬 誠)を有限責任組合員とし中信ベンチャーキャピタル株式会社(代表取締役社長:平林 幸子)を無限責任組合員とする中信ベンチャー・投資ファンド5号投資事業有限責任組合を引受先として、総額約50百万円の第三者割当増資等を実施しました。
今回の資金調達は本年6月5日に実施した第三者割当増資(ファースト・クローズ:約179百万円)と一体をなす資金調達のセカンド・クローズであり、今年度は総額約230百万円の資金を調達しました。当該資金は、IoTセンサーを含む、さまざまな機器向けの無線送電システムの開発、またそのために必要な人材拡充への投資へ充当されます。
当社は京大発のマイクロ波無線送電技術を源に、京都発のテクノロジー・スタートアップとして、世界に真のワイヤレス社会を実現する「電力革命」を目指します。

2019年6月5日

株式会社Space Power Technologies(本社:京都府西京区、代表取締役:古川 実) は、京都大学イノベーションキャピタル株式会社(本社:京都市左京区、代表取締役:室田浩司)を無限責任組合員とするイノベーション京都2016投資事業有限責任組合、関西電力グループの合同会社K4 Ventures(本社:大阪市北区、代表社員:関西電力株式会社、代表職務執行者:森本 孝)、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:松本 直人)を無限責任組合員とする京信イノベーションC投資事業有限責任組合及び京都市スタートアップ支援投資事業有限責任組合を引受先として、総額約1億8千万円の第三者割当増資等を実施しました(資本金100,000,000円)。 今回の資金調達により、IoTセンサーをはじめとする、さまざまな機器向けの無線送電システムの実用化を進めていく予定です。

2019年5月9日

資本金10,450,000円にて京都市西京区で創業。

Member

代表取締役兼CEO 古川実

第一級陸上無線技術士、電気工学修士号。
神戸大学大学院卒、埼玉大学大学院在籍中、日本電業工作アンテナ事業部 電子回路部。
日本電業工作-通信・放送用マイクロ波帯アンテナおよびフィルタ等の開発に従事。
自主研究としてマイクロ波・光WPT用レクテナの研究開発を始め、新規事業開発部門において高効率パワーダイオードを利用したレクテナの開発およびワイヤレス電力伝送装置の商品開発を行う。モバイル機器用マイクロ波帯表面電磁界結合ワイヤレス電力伝送システムの標準規格案策定に参画。

取締役 五ノ坪良輔

京都大学法学部卒。米カーネギーメロン大学MBA。
兼松㈱の投資・事業開発支援チームのヘッドとして、幅広い分野における国内外の事業投資、M&A、ベンチャー投資等を数多く推進。事業部に伴走してビジネススキーム構築、ビジネスプラン策定、投資契約交渉等、商社における新規事業開発の総合的な支援を行う。自らも社内ベンチャーとして電気自動車充電インフラサービスやスマホアプリ等の事業を立ち上げた経験を持つ。現在は京都大学イノベーションキャピタル㈱にて投資を担当。

科学顧問 篠原真毅

(京都大学教授)

京都大学工学部卒。京都大大学院工学研究科修士課程修了。同大大学院工学研究科博士課程修了。1996年同大超高層電波研究センター助手、2000年同センターの改組により宙空電波科学研究センター助手、2001年同センター助教授、2004同センターの改組により生存圏研究所助(准)教授、2010年同研究所教授となり現在に至る。専門は無線電力伝送、宇宙太陽発電所、マイクロ波プロセッシング。
現在 IEEE MTTS Past Distinguish Microwave Lecture (DML-E)、IEEE MTTS TC-26 Chair、IEEE Wireless Power Transfer Conference Founder他。電子情報通信学会WPT研初代委員長、日本電磁波エネルギー応用学会理事長、宇宙太陽発電学会理事、JAXA SSPS総合検討委員会副委員長、ワイヤレス電力伝送実用化コンソーシアム代表他。
著書に「Wireless Power Transfer via Radiowaves」 (ISTE Ltd. and John Wiley & Sons,Inc.,)、「Recent Wireless Power Transfer Technologies Via Radio Waves (ed.)」 (River Publishers)、「Wireless Power Transfer: Theory, Technology, and Applications (ed.)」(Inst of Engineering & Technology)、「宇宙太陽発電(監著)」(オーム社)、「ワイヤレス給電技術―電磁誘導・共鳴送電からマイクロ波送電まで- (共著)」(科学情報出版)、 他。

会社概要

社名 株式会社Space Power Technologies
所在地 〒635-8312
京都府京都市西京区御陵大原1番36号
京大桂ベンチャープラザ北館
電話 075-925-8841
代表者 代表取締役 古川 実
設立 2019年5月9日
資本金 1億円(2019年6月5日)
事業内容 空間伝送型ワイヤレス電力伝送機器の開発・製造

Access

〒635-8312
京都府京都市西京区御陵大原1番36号
京大桂ベンチャープラザ北館106号室 Google Map


桂ベンチャープラザホームページ

電車の場合
阪急電鉄京都線桂駅から
「桂駅西口」からバス利用で約15分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る)
京都市バス(西6系統:京大・桂キャンパス 桂坂中央行き)
京阪京都交通(20系統:桂坂中央行き)
JR桂川駅から
「JR桂川駅前」からバス利用で約20分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る)
ヤサカバス(6号系統:京大・桂キャンパス 桂坂中央行き)
JR京都駅から
「京都駅前」からバス利用で約35分→「桂イノベーションパーク前」にて下車
→バス停から徒歩1分(坂を下る) 京阪京都交通(21・21B系統:京大桂経由桂坂中央行き)
お車の場合
京都市内から車で約40分
国道1号線(五条通)から国道9号線を西へ
「千代原口」交差点よりさらに800m西へ
「三ノ宮」交差点から一つ目の信号を右折、桂御陵坂を上る
高速道路ICから車で約10分
京都縦貫道の名神高速方面から「大原野IC」下りて北東へ約5km
(名神高速方面からの移動の場合、「沓掛IC」では降りられませんのでご注意ください)
京都縦貫道の福知山方面から「沓掛IC」下りて東へ約4Km

Contact

お問い合わせ
株式会社SpacePowerTechnologiesへの質問などはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
ご返信にお時間頂く場合もございますが、よろしくお願い致します。
お名前
会社名及び所属先
メールアドレス
入力
確認

※ご入力いただいたメールアドレスへ返信しますので、現在ご利用中のものをご入力ください。

お問い合わせ内容